引っ越しが決まったら

引っ越しすることが決まったら、荷物をまとめて、業者に依頼・・・。

それだけではありません。

やることがいっぱいあります。

そこでスムーズに引っ越しができるよう順を追って説明したいと思います。

まず、引っ越しがきまったら、それまでのスケジュールをおおまかに作りましょう。

そのスケジュールに沿って動くようにすれば直前で慌てることがありません。

次に、今住んでいる部屋の解約手続きをします。

基本的には退室する1か月前までには大家さんや不動産会社に伝える必要があります。

契約書に必ず記載されているので確認してみましょう。

次に、粗大ごみ・不用品の整理です。

粗大ごみは地域によって廃棄方法等が異なっていますので調べたうえで行いましょう。

次に引っ越し業者を検討しましょう。

複数の引っ越し業者に見積もりを取り、安く引っ越しができる業者を選ぶようにしましょう。

検討前までにある程度の荷物の量を知っておく必要があります。

また、お子様がいる家庭の場合、子供の転校手続き等も事前に行う必要があります。



引越しそば



最近見かけなくなった引っ越しそばの風習。

そもそも引っ越しそばって何と思う方もいるかもしれないので、簡単に説明します。

「引っ越しそば」とは江戸時代に始まった風習です。

「そば」という名称や形状から、「そば(側)に引越してきた」、「細く長くお世話になる」といった理由から、近所に振舞うものです。

一般的に向こう三軒両隣に振舞うものとされていました。

現在ではこの風習もなくなりつつあり、そばの変わりにお菓子やタオルといったものを挨拶がてら配るといったところが多いようです。

また、引っ越し側を自分たちで食べるといったところもあるようです。

 なくなりつつある「引っ越しそば」の風習ですが、今だからこそおこなってみるのもよいのではないでしょうか。

昔の習慣を大事にしている人だと思われ親しみがわきますよ。

ちなみに「引っ越しそば」は関西では「そば」ではなく、「うどん」が主流だそうです。

うどん好きの関西人ならではの発想ですね。

前の記事