引越しそば


最近見かけなくなった引っ越しそばの風習。

そもそも引っ越しそばって何と思う方もいるかもしれないので、簡単に説明します。

「引っ越しそば」とは江戸時代に始まった風習です。

「そば」という名称や形状から、「そば(側)に引越してきた」、「細く長くお世話になる」といった理由から、近所に振舞うものです。

一般的に向こう三軒両隣に振舞うものとされていました。

現在ではこの風習もなくなりつつあり、そばの変わりにお菓子やタオルといったものを挨拶がてら配るといったところが多いようです。

また、引っ越し側を自分たちで食べるといったところもあるようです。

 なくなりつつある「引っ越しそば」の風習ですが、今だからこそおこなってみるのもよいのではないでしょうか。

昔の習慣を大事にしている人だと思われ親しみがわきますよ。

ちなみに「引っ越しそば」は関西では「そば」ではなく、「うどん」が主流だそうです。

うどん好きの関西人ならではの発想ですね。

AX