きっかけは家の購入で、転移しました。

東京都から引っ越し埼玉県へ。

メンテナンス等でご厄介になっているディーラーの方にナンバーの変更の有無を尋ねられました。手続きは運輸局にてする必要があるというわけなのですが、やらない人も実際には多いそうです。

私も従来の東京のナンバープレートをしています。新築の家が完成したのが数年前です。そこへ引っ越したのですが、デスクトップパソコンを無事移動するために、あらゆる手を尽くしました。

このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。

業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。

パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。ちょっとした荷造りでも、カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、ケガの可能性が高くなります。そして、荷物を運ぶときには指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。

ここで注意してほしいのは、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。

手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。
引越し業者から契約時にいわれると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いたほうが良いです。

理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、そうして溜まってきた水を取り除くことが可能になるためです。
あらかじめこの処理をしておくことで、移動させているあいだに、他の荷物などをぬらしてしまうのを防ぐという効果があります。

単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへお渡しする心付けをいくらにすれば良いかを奥さんと相談しました。引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、トータルでも1時間ちょっとの作業でしたので、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思いお茶を出した程度で心付けは渡すことはありませんでした。以前、引越しを経験しました。引越し業者に依頼しましたが、そうは言ってもやっぱり大変でした。

何が骨が折れるかというと、引越しに関わる手続きです。行政区域が変われば、印鑑証明の前提となる印鑑登録も必要とされました。

あまり必要ではないのですが、とりあえず登録しておきました。
転居が完了すると必ずくるのが、新聞屋さんとNKKです。

みっちりと引越しを見ていたかのように迅速な対応ですよね。

最近は、パソコンが当たり前の時代なので、昔よりは、拒否しやすいわけですが。
ニュースは、スマホで見れますので、テレビを見なかったとしても、特に変ではありません。だから、NHKの受信料は払う必要はありません。

荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこでどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。
一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。まずは上手な包み方を心がけてください。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。
新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。

持ち手がついているものは特に注意が必要で、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。

快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。

良好なご近所関係も住環境の一部です。円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶をその日中に終わらせましょう。必ず、何か手土産を持って挨拶回りをした方が良いです。
長々と訪問する必要はありませんからなるべく好い印象を持たれるように心がけます。第一印象を良くすることが肝心です。
私も転出した際に運転免許の居住地を変更しました。

交換しないと、更始の手続きが円滑にできません。

住民票を移動させるのと同じく早めに自動車免許も変更しておいた方が後が楽です。